• 在校生の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 中学受験の皆様へ
  • 高校受験の皆様へ

R-プログラム

調べる、読み取る、表現する。
社会へ巣立つとき、自分を支えてくれる〝3R 〟の力。

R-プログラムは3本の柱で構成されており、それぞれのプログラムを通じてResearch、Read、Report の3つのスキルを伸ばしていきます。
柱の一つは、コラムリーディングを軸にしたスピーチ・ディスカッション・ディベートのプログラムで、文章の要約、それに対する自分の意見をまとめて発表する力、自分と異なる意見を受け入れる姿勢などを養います。 二つ目の柱は読書に関わるもので、知識や見聞を広げ、創造力を豊かにする狙いがあります。
三つ目はキャリアデザインプログラム。将来の目標設定と、その実現に向けた進路を選ぶ力、R-プログラムで身につけた力を結びつけます。
これらのプログラムで立正が最も大切にしていることは「継続性」です。
細切れの体験ではなく、1年間・3年間・6年間という期間で定期的に続けて取り組むことで3つのスキルを定着させていきます。

  • 自ら進んで調べる力
  • 主張や要点を読み取る力
  • 自ら進んで調べる力

1〜6年生で実施するRーprogram

コラムリーディング・1分間(3分間)スピーチ・ディスカッション・ディベート

1時間目の開始前に設定されているSHR。生徒たちは、この時間に『コラムリーディング』と『1分間スピーチ』に取り組んでいます。
コラムリーディングは、新聞の社説やコラムの切り抜きなどを、「5分間で読み、5分間で自分の意見を200字以内にまとめる」ものです。その後、書いた文章をクラスの前で発表します(1分間スピーチ)。
文章を読み、内容を理解し、自分の言葉に置き換えながらまとめ、大勢の前で発表する。この訓練に繰り返し取り組みます。発表のチャンスは一人あたり年間5回以上。初めはうつむいて話す生徒も少なくありませんが、やがて身振り手振りを交えながら堂々とスピーチできるようになっていきます。
学年が進むとともに、課題文を社会的・時事的なテーマへと移し、難易度を上げていきます。高学年では、LHRの時間に3分間のスピーチにチャレンジしたり、クラス内でディスカッションやディベートを行ったりすることもあります。自分の意見や主張をしっかりと相手に伝える力、そして相手の言葉に耳を傾け、自分とは違う意見を理解し受け入れる、コミュニケーションのベースになる力も磨かれていきます。

  • コラムリーディング・1分間(3分間)スピーチ・ディスカッション・ディベート
  • コラムリーディング・1分間(3分間)スピーチ・ディスカッション・ディベート

STUDENT'S VOICE

みんなの前で意見を言うのは勇気が要りますが、毎日の積み重ねが力になっていると感じます。友だちの発表を聞いて気づくことも多く、新聞やニュースを見て「なぜだろう?」と考えるクセがついてきました。自分の意見を自分の言葉で発信できるようになれるよう、しっかり頑張りたいです。
(1年 S.S.)

読書ノート&リーディングマラソン

立正では、中学生・高校生の時期にたくさんの本を読んでもらいたいと考えています。文章に親しむことは、読解力や鑑賞力の向上につながり、身についた知識、広がる見聞は豊かな発想の源にもなるからです。
『読書ノート』は中学生に配布しているノートで、毎日の読書の記録をとります。書名やページ量のほかに感想記入欄も設けており、「考えながら読む」習慣をつける効果を期待しています。また、読書の動機づけとして『リーディングマラソン』を開催しています。1年間を4期に分け、個人とクラス対抗で読書量を競います。

読書ノート

立正生の年間平均読書量

職業講話

1年生を対象に、立正の卒業生が講演を行っています。1年生にとって「社会人」はまだまだ先のことですが、自らの進路を考えるきっかけとして「社会で生きること」「働くこと」について理解を深めます。毎年6~7名の社会で活躍している卒業生たちが協力してくれており、自分たちの中学・高校時代の話や、社会・仕事の話を伝えています。

職業講話の様子

マナー講習

2年生の職場訪問の直前に、その事前準備として実施しています。
外部の講師の方を招いて、挨拶やお辞儀の仕方、言葉遣いなど、社会人 としての立ち居振る舞いを学びます。

マナー講習の様子

職場訪問・職業新聞製作

2年生の夏に30社前後の企業の協力をいただいて実施しています。 生徒たちは興味のある業種を選び、教員が各業種を希望する人数に合わせて企業をマッチング。5名程度の班に分かれて取材します。訪問前には事 前準備としてマナー講習を受講し、訪問する企業についてリサーチします。
当日は職場見学と社員の方へのインタビューを行い、班ごとに『職業新聞』を製作。立正祭の展示発表で取材の成果を報告します。
中学生のキャリアデザインプログラムの狙いは「社会を知る」ことです。 仕事の現場を目の当たりにし、興味のある業種についての理解を深める中で職業観を少しずつ育てていきます。

職場訪問・職業新聞制作

職場訪問・職業新聞制作

STUDENT'S VOICE

病院を訪問し、院長先生と看護師長さんに病室や手術室、ナースステーションを案内していただきました。憧れの医師という職業について、医療の現場を見て、さまざまな質問をすることができたことは、とても貴重な体験になりました。この訪問で将来の目標がより具体的になったような気がしています。
(2年 N.K.)

職場体験

3年生になると、それまでのキャリアデザインプログラムを一歩進め、1~3名の班に分かれて3日間のインターンシップに参加します。
職場体験は事前打ち合わせから始まり、生徒たちだけで企業を訪ねて、職場体験に必要な持ち物や集合時間、服装を確認します。この段階から教員は手を離します。協力企業の方から注意される生徒もいますが、それも社会人経験の一部となるからです。
1日4~5時間の経験ながら、会議に参加したり、店頭に立ったり、仕事を任せられたりすることは生徒たちに大きな刺激となります。思いもよらない作業や仕事を見つけたり、想像と現実のギャップに気づくことで将来の目標が形づくられていきます。職場体験後には、一人ひとりがレポートをまとめ、プレゼンテーションする『体験報告会』を実施しています。

職場訪問・職業新聞制作

STUDENT'S VOICE

東京国立博物館でボランティアスタッフの方たちと一緒に、手で触れる案内図(触知図)や、動物の骨を使った占いのガイドを担当しました。外国からのお客様には英語で説明をしたのですが、上手く話せなかったところは次の日にはできるように家で練習しました。3日間の体験でしたが成長できたなと実感しています。
(3年 K.M.)

整骨院には治療のために通ったことがありましたが、今回はスタッフの一員として患者さんのサポートを体験しました。心がけたのは、丁寧な言葉遣いと自分から積極的に声をかけること。接客業に興味があるので、今回学んだ経験を生かしてコミュニケーション力をもっと高めていきたいと考えています。
(3年 S.I.)

進路学習(高校生のキャリアデザインプログラム)

立正では、「行ける大学よりも行きたい大学へ」を基本方針とした進路指導を行っています。
大学進学自体を目的にすることなく、大学で何を学び、その先の社会で活躍する自分をイメージできるよう、「社会を知る→学問を知る→大学を知る」と段階的に進路を絞り込んでいきます。
4年生では、オープンキャンパスへの訪問と現役大学生との座談会を通じて、大学生活のイメージを固め、進路意識を高めます。その後、5年生、6年生と大学理解を深め、自分の目標にふさわしい進学先が選べるように導きます。

進路学習

■ 高校3年間のキャリアデザインプログラムの流れ
4年生[高校1年]
オープンキャンパス訪問
夏休み中に2 つ以上の大学のオープンキャンパスを訪問。レポートを作成し、進路意識を高めます。
キャンパストークライブ
現役大学生との座談会を通じて、大学生活のイメージをより具体的にします。
5年生[高校2年]
学部学科ガイダンス
大学の広報担当者を招き、校内に合同説明会ブースをつくります。将来の目標と学問を結びつけ、進むべき進路選びのきっかけとします。
6年生[高校3年]
大学ガイダンス
生徒たちから、興味のある大学をアンケートにより選出、来校していただき、各大学の特色等を詳しく聞かせてもらうガイダンスです。

このページトップへ