• 在校生の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 中学受験の皆様へ
  • 高校受験の皆様へ

教育目標

行学二道

立正は、建学の精神を日蓮聖人の人格と教えにおく仏教主義の学校です。

行学二道:親切・勇気・感謝

「行学の二道」とは、修行と修学の二つの道を指します。
つまり、学校で学んだこと(学)を、実際に行動で示すこと(行)のできる生徒を育てることが、本校の教育目標です。

そして、「行学二道」を実践するためには、親切・勇気・感謝の心を持つことが大切だと、立正は考えています。
このため次の3つの事柄を、創立以来重んじてきました。

  • 「明るいあいさつの励行」
  • 「自ら学ぼうとする意欲を持たせる教育」
  • 「一人ひとりの個性と思いやりの心と、自らを律することのできる精神力を持たせる教育」。

勉学への積極的な情熱と豊かな人格の育成を目指し、本校はこれからも歩み続けていきます。


このページトップへ